【176】ヤエン釣行第3弾 あおりねっと杯2010.12.05

今季第3回目のヤエン釣行は、あおりねっと様の「第2回あおりねっと杯」です。場所は和歌山県津久野のさかむらいかださんです。



今回も釣行メンバーはNISHIさん、Gちゃんの3名です^^;




深夜会場近くの漁港に到着して翌日のエサとなる小アジを釣りに行きました。




と言うのも、この時期のイカは子イカも多く、1匹150円もする高価なアジをみすみすアジ殺しの子イカに殺されたり、加えて日中のイカ釣りは警戒心も高いので、アジを抱いて引っ張って行って即離す事が多いので、餌代を安く大量に確保する目的です。



ヘッドライトで港内を照らすと、小アジらしき群れを発見したので、頑張ってサビキでアジ釣りをするが、1時間頑張って釣れたはネンブツダイとゴンズイだけです。



仕方なく諦めて現地で高価なアジを購入すると決め、時間まで車で一休みしました







朝6時。大会の受付が始まり、開会式が行われ、参加者それぞれが各イカダに分かれて乗りました。



ここでは各参加グループ単位で同じいかだにのれたので、3名で30匹のアジを購入して7時過ぎに実釣開始しました。



画像



我々3名が乗ったいかだは地磯寄りの比較的実績の有るいかだでした



画像

     アタリ続発のNISHIさん



画像

     ヤエン投入のNISHIさん



画像

     Gちゃんにもアタリが・・・



しかし!!私には全くアタリがありません




朝の好時合いも過ぎて少し休憩




画像

     いかだならではの光景



エサの小アジも減ってきたので、再びここでもサビキで小アジを狙いますが、釣れるのはチャリコ・スズメダイですが一応キープしました




そしてそのチャリコをエサにアオリを狙うNISHIさんにアタリが・・・



画像

     しかし残念ながらヤエンには掛りません





お昼を回ってAKIにも待望のアタリが・・・




しかし超小型です
今回の大会は1杯の重量なので、検量に持ち込む為にヤエンを入れるか入れないか思案しましたが、とりあえずヤエンを発射しました




画像

     ちっちゃ~


検量に持ち込む・持ち込まないというよりも、子イカはリリースと決めているので、子イカに手で触れずに、即リリースしました




その後もNISHIさん、Gちゃんにはアタリが出ていますが。AKIにはアタリが有りません。




画像

     子イカに弄ばれ苦戦しているGちゃん





画像

     まだキーパーを獲れていないのに余裕をかますAKI




ミラクルを信じながらも、お迎えの時間が来るので少し早目に片付け始めたその時です。




BBXラリッサ改からローターの逆回転する心地よい音色が聞こえてきました。



ジ~~~~~・ジ~~~~~・ジ~~~~~


ミラクルが起きました!





ラインが50M出た辺りでヤエンを発射



ここは足元から水深が有り、ラインの角度から得意の空中戦では無く、早目にヤエンを発射して水中戦でしっかりヤエンを送り込むようにしました。



画像

     なんとか600g位をゲット




結局ここでの釣果はNISHIさん約10アタリ1杯。Gちゃん約5アタリ0杯。AKI2アタリ2杯(1杯はリリース)






画像

     そして検量・表彰式・閉会式です



今回の大会で主催者側より「釣り場のゴミの持ち帰り&清掃協力」のお願いがございました。

私のイカ釣りのポイントは磯場が多いですが、少し前まであまり見掛けなかったブクブク用の単一乾電池やヤエンストッパーのホルダーや袋など、明らかにヤエン師が残して行ったゴミが散見されます。

せめて自分が出したゴミぐらいは各自処理して欲しいですね!!







で、大会の結果は・・・







画像

     5位でした







にほんブログ村のランキングに参加しております

ヤエン釣りをもっと広めたくランキング上位を狙っております

1日1回↓のバナーをポチっと1クリックして頂ければ助かります


にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ
にほんブログ村




応援ポチっをお願いいたします。


良かったらAKIのホームページにも遊びに来てね

http://www.kcc.zaq.ne.jp/aki/






大会の様子は主催者のブログ「アオリイカ釣り奮闘記」にアップされております。

"【176】ヤエン釣行第3弾 あおりねっと杯2010.12.05" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント